読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ができるかな?

お酒とシンプルライフとボードゲームとその他色々興味のあるもの。

MENU

ほとんど痛くない親知らず抜歯【静脈内鎮静法体験談】

生活

 

f:id:sakusakusak:20160810192610j:plain

 

こんにちはさくです。

検索でここにたどり着いた方は、おそらく「痛くない 親知らず抜歯」とか「静脈内沈静法」とかで調べられたんではないでしょうか。

 

親知らず抜歯嫌ですよね。私も嫌です。そんな私でも親知らず抜歯ができたのでその体験談を書いておこうと思います。

 

 

大前提として、私は歯医者が大嫌いです。

虫歯を削る時でも笑気麻酔必須だし、麻酔も嫌すぎて抜いたりする時はいつも通ってるとこじゃなくて遠くても無痛治療のとこに行くくらい嫌いです。

 

そんな私が親知らずを抜くことになりました。

 

ちなみに2年ほど前のことですが、私と同じく歯医者が嫌いな人が親知らずを抜くことができるように体験談として書いておきます。

 

 

親知らずを抜くことになった経緯

 

左上奥から3番目くらいの歯がずっと痛くて、けれど歯医者でレントゲン撮って検査してもらってもなんの異常もない。

でも痛いです、と言うと、親知らずが生えかけてるからそれが前の歯を押して痛いのかもしれないし抜いたら?ということでした。

(親知らず抜いたけどその歯の痛みは消えなかったので抜いた意味はあまりなかった)

 

(追記)左上奥3番目の歯の痛みは親知らずによるものではなく三叉神経痛でした

 

 

www.sakusakusaku.xyz

 

 

 

親知らず抜歯、という単語を聞いた瞬間汗びっしょりになり倒れそうでしたが、なんとか家に帰り痛くない親知らず抜歯の方法を検索。

 

痛いという体験談しかなく泣きそうになっていたところ、静脈内鎮静法という麻酔を用いての治療を見つけました。

 

 

静脈沈静法とは

静脈内鎮静法(じょうみゃくないちんせいほう)とは点滴注射などから静脈麻酔剤向精神薬鎮痛剤等を注射して、治療の恐怖感や治療時の器具による吐き気等を防止する歯科治療の補助手段。

薬剤の効果で半分寝ている状態なので、処置の過程を殆ど記憶していないことが多い。

静脈内鎮静法 - Wikipedia

 

というものです。

 

要するにうとうとしている隙にほぼ痛みを感じずに気づけば治療が終わっているという夢の抜歯方法です!!

 

ちなみに静脈内沈静法だけで治療の痛みがなくなるわけではないので、静脈内沈静法を行ってから普通に局所注射も打ちます。

(治療中まったく意識がなかったので麻酔打たれたのに気づいてないけど歯茎に打った跡があった)

 

メリット

・眠っているorうつらうつらした状態での治療なので痛みがほぼない

・意識がなくなるまで行かなくても治療の時間が早く感じる

全身麻酔だと入院が必要だけど静脈沈静法では必要なし

 

 

デメリット

・普通に抜くよりも金額が高い(私が行ったところは保険適用外でした)

・入院は必要ないけど治療後しばらく安静にする必要がある

・投与する薬にアレルギーのある場合は受けることができない。(静脈沈静法ではいくつか薬を混ぜ合わせたものを点滴するらしい)

・どこの歯医者でもできるわけではない

 

治療中の意識がない、ということをメリットと思うかデメリットと思うかは人それぞれですね。

私は完全にメリットだと思ったので静脈沈静法で抜く、と決めました。

 

 

治療開始

すぐに静脈沈静法を扱っている病院を探し、予約を入れて行くことに。

年末だったので地元では診療しているところがなく遠くの病院に予約を取りました。

 

1度目は検査+歯石とりで問題なく終了。

次に静脈沈静法で親知らずを抜歯するので注意書きの紙をもらいました。

(当日の車の運転は避けてくださいとかそんな感じのことでした) 

 

 

いよいよ親知らず抜歯当日。

 

 

当日は個室のようなところで、指に脈を図る器具をつけて、何か異常があった際すぐに中止できるようにモニターで脈拍を見ながら治療をするそうです。

 

麻酔は腕から打ちます、見たところ普通の点滴と全く変わりません。

正直、ほんとにこんなので麻酔効くのかな…効かなかったらど…

 

 

 

 

 

 

ここから記憶がありません。

 

 

 

 

目が覚めた時は既に治療が終わっていて、嘘!?と思ったけど確かに舌で左上をつついてみると親知らずがあったはずの場所に歯がありませんでした。

静脈内沈静法で麻酔をしても人によってはぼんやり意識があることもあると言われたので心配してましたが私はすとーんと意識が落ちてました。びっくりした。

 

治療後、ネットではしばらく安静にしてないといけないと書いてあったけど私の場合はお会計してすぐに帰れました。

私の場合は電車でしたが、もしかしたら車は難しいかもしれません。

 

ちなみにお値段は保険適用でないので込み込みで3万円くらいかかりました。3万円で痛みなく親知らず抜けるなら安すぎる。

 

とにかく急いで抜きたかったので1番初めに見た病院に駆け込んだのですが、もしかしたら保険適用でできるところもあるのかな?

 

1週間後、無事抜糸を終えて私の親知らずとの格闘は終わりました。

 

 

 

後日談

反対の上の歯も親知らずがあるので、今度は地元の静脈鎮静麻酔をやっている歯医者さんで抜いてもらおうと思って行ったら「綺麗に生えているから別に静脈鎮静麻酔なしでもちょちょっといけるよ。それに今痛くないなら急いで抜かなくていいよ。」とのことでした。

 

ちょちょっと抜けるだろうけどその歯を抜くってプロセスがこわいから静脈鎮静麻酔してほしいんだけど…

 

とは思いつつ、今回は痛みがないから、ということで親知らず抜くのをやめましたがもしかしたら静脈鎮静麻酔扱っているところでもあまり使ってくれないことがあるかもしれないので行く前に確認するのがおすすめです。

 

 

あくまで私の体験なので、静脈鎮静麻酔で親知らず抜いてみよう!という方は一度色々調べてみてください。

一応意識が無くなるor薄くなるような麻酔なので…。

私の場合は料金が高いという以外はかなり良かったです。

 

 

 

歯医者が怖くて仕方ない皆さんが親知らずを抜くことができますように…。

 

 

 終わりです。

 

 

関連記事

 

www.sakusakusaku.xyz

 

www.sakusakusaku.xyz

 

 

 

1クリックが励みになります…!

にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村