読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何ができるかな?

お酒とシンプルライフとボードゲームとその他色々興味のあるもの。

MENU

TSUKEMENについてお話しさせてください

 

こんにちはさくです。

 

 

TSUKEMENというピアノ1人、ヴァイオリン2人からなるユニットに母と2人でハマっているので紹介させてください。

 

TSUKEMENとは

 

 

  

 

 ピアノと2バイオリンで構成されたインストゥルメンタルユニット(公式サイトより)です。

クラシックからアニメ音楽、それぞれが作曲したオリジナルの楽曲などを演奏しています。

 

メンバーはピアノ(SUGURU)バイオリン(TAIRIKU、KENTA)の男性3名です。

 

ちなみにバイオリンのTAIRIKUの父はさだまさし

 

TSUKEMENとの出会い

ある時母から「○○(とある音楽ホール)に、つけめんていう

バイオリンのグループが来るから一緒に行かないか」と誘われました。

 

当時は初めて聞く名前に、は?つけめん??なにそれ???と思いつつも

暇だったのでついていくことにしました。

 

それに、母と2人でヴァイオリンの演奏を聴きに行きましたって言うとお嬢様ぽくていいなあというヨコシマな気持ちもありました笑

 

 

 

母になんで行きたいの?と聞いたところ宮部みゆき原作の「しらゆき姫殺人事件」の映画を見ていたらこのTSUKEMENが出演していたらしいです。


それで今回たまたま見たチラシで、近くの音楽ホールに彼らが来るということを知り私を誘ったらしい。

 

 

それがちょうど二年前です。そこからあれよあれよとはまり、全国をおっかけこそしませんが近くに来た時は必ず母と2人で聴きに行っています。

 

 

TSUKEMENの魅力

TSUKEMENの魅力を一言で表すなら「わかりやすい」ことだと思います。初心者でもとっつきやすく楽しめる。けれど深く知れば知るほどもっと楽しめる。

 

私は今までヴァイオリンやピアノのコンサートに行ったことがありませんでした。

 

なので初めは、寝てしまわないかな…とか、クラッシックとかわかんないぞ…と不安に思っていたのですがTSUKEMENの音楽は堅苦しいというよりはどちらかというとカジュアルなものでした。演奏技術はもちろんプロのそれです。

 

クラッシックやオリジナル曲だけではなく、アニメ音楽(アクエリオンドラゴンボール)や、誰もが聞いたことのある曲のリミックスや、演奏しながら足踏みをしたりお客さんが手拍子をするような客席参加型もあったり。

 

なんならバイオリン弾かずに歌ったり。

 

 

他の奏者さんのバイオリンの演奏会に行ったことがないのですが、おそらく他ではしないであろう客席降りなんかもあります。あめちゃんもらえたりする。

 

初めて行った時は、こんなカジュアルな感じなのかーと驚きました。最近はあまり見ませんが、その時はコントまでやっていました。

 

 

 

コンサートが終わった後の私の感想は、

 

初めて行った時

「オリジナル曲とかはよくわかんなかったけどアクエリオンよかったなー」

 

2回目

「今回はエリーゼのためにのジャズリミックスとか好きだったなー、最後に聞いた暁ってオリジナル曲が気になるぞ」

 

3回目以降

「オリジナル曲もっと聞きたい!最後に暁聞くと泣ける」

 

というふうに変異していきました。

 

 

困ったこと

もちろんですが、バイオリンとピアノなので歌詞がありません。

 なのでコンサートが終わった後

 

私「あの曲よかったな、最初の方のラーラララーラーみたいなやつ」

 

母「え、ラララーラーラーラのやつじゃなくて?」

 

私「それじゃなくてラララーry」

 

みたいなやりとりをよくしています。

なので終演後のセットリストの写メは必須……

 

 

 

TSUKEMENおすすめの曲ランキング

 

3位じこまんスケルツォ

TSUKEMENの中の可愛い曲NO.1だと思います。

バイオリン使わず歌う、客席降りる、自由な曲です。

 

2位 GOEMON☆ROCK

最初の力強いピアノから始まる曲です。

一度コンサートで聞くも、曲名が全く分からず手当たり次第CDを買ったらこの歌でした。

ピアノのSUGURU作曲ということもありピアノの音が力強い曲です。

 

1位 AKATSUKI

コンサートの締めに演奏されることが多いのですが、もう泣ける。

その名の通り暁の頃の、暗い夜が明けるような曲です。

 

これに関しては公式が動画あげてくれてるんでこれを是非見てください。

 


AKATSUKI/TSUKEMEN

 

入りのところの夜を思わせるような暗い重い雰囲気からの、サビの駆け抜けるような疾走感がたまりません…!!!

 

辛いことがあっても負けるなよー、と言ってくれているような気がして、本当に辛かった会社勤め時代の通勤の車の中でずっと聞いていました。

 

 

まとめ

また3月にコンサートがあるので今から楽しみです。

地方公演とかも多いので興味を持たれた方は一度聴きに行ってみてください。

 

 

 

終わりです。